羊羹

金澤文鳥から新しい味!加賀棒茶味 清香室町




 

清香室町の金澤文鳥から新しい味「加賀棒茶味」を紹介します。

 

清香室町の定番和菓子、一口羊羹「北国宝生旅衣」から新たに生まれた「金澤文鳥」です。

金沢の地で親しまれている食材を使用し、新しい羊羹が誕生しました。

 

その第1弾は、加賀紅茶を使用した羊羹に、ドライフルーツが入っている新感覚のフルーティーな羊羹「加賀紅茶味」です。

新感覚フルーティー羊羹誕生!金澤文鳥 加賀紅茶味

 

 

第2弾になる「加賀棒茶味」は、2020年4月21日に発売されました。

 

 

 

金澤文鳥 加賀棒茶味

 

箱は卵の形をしています。

 

 

茶色の紙を外すと箱に文鳥がいました。

 

 

箱を開けると文鳥が5匹います。

 

5個入りです。

 

 

個包装になっています。

文鳥のパッケージでとても可愛いです。

 

 

横から見た感じです。

 

 

下から見た感じです。

 

 

文鳥のパッケージを外すと、銀色のパッケージに包まれてました。

 

 

加賀棒茶味の羊羹です。

加賀棒茶は茎茶を焙じて作られたお茶です。

豊かな香りと旨みが特徴です。

羊羹は、ほうじ茶の味がしっかりしています。

 

 

カットしてみました。

羊羹の中には、ピスタチオやアーモンドが入っています。

ザクザク食感で香ばしいです。

ナッツの香ばしさと羊羹が合わさると、美味しいです。

 

 

 

新商品『金澤文鳥』特設サイト|金沢和菓子の清香室町 (seika-muromachi.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA