焼き菓子

4月9日は大仏の日!大仏の手をかたどったクッキー 奈良祥樂





 

4月9日は、大仏の日です。

752年(天平勝宝4年)4月9日に、奈良・東大寺の大仏が完成し、大仏開眼供養会が行われたことが由来しています。

大仏開眼供養とは、大仏が完成したときに目を入れて入魂する供養の法会のことです。

 

東大寺の大仏殿は、世界最大の木造軸組建築です。

大仏の正式名称は、盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)です。

 

現在の大仏殿の大きさは幅57.5m、奥行き50.5m、棟までの高さが49.1mとなっています。

創建当初にくらべれば、幅が3分の2程度縮小していることになります。

 

奈良の大仏の手のひらの長さは148cmです。

中指の長さは108cmです。

 

そんな大仏の手をかたどった、奈良祥樂の大仏の手くっきぃを紹介します。

 

 

大仏の手くっきぃ

 

正倉院文様をイメージした色鮮やかなパッケージです。

 

 

デザインがとても可愛いです。

 

 

 

プレーン

 

 

1袋にクッキーが5枚入っています。

 

 

 

奈良の特産品である三輪そうめんを生地に練りこんでいて、クッキーのサクサク感とそうめんのパリパリ感の2つの食感が楽しめます。

 

 

大和抹茶

 

 

1袋にクッキーが5枚入っています。

 

 

 

奈良の銘茶大和抹茶を使用していて、抹茶の味がしっかりします。

奈良の特産品である三輪そうめんを生地に練りこんでいて、クッキーのサクサク感とそうめんのパリパリ感の2つの食感が楽しめます。

 

 

祥樂|SHOGAKU (nara-shogaku.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA