焼き菓子

紫陽花みたいなラスク あじさい 鎌倉紅谷




鎌倉紅谷のあじさいを紹介します。

 

あじさいは、ラスクです。

スポンジの上にスライスアーモンドを散りばめて、紫陽花の花びらを見立ててその名が付いたそうです。

 

第二十二回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞を受賞しています。

神奈川県指定銘菓のひとつです。

 

あじさいは2021年で誕生から45周年を迎えました。

 

 

 

あじさい

 

箱のデザインが可愛いです。

 

 

3個入りです。

袋のデザインも可愛いです。

 

 

バターと砂糖と卵を使ったスポンジケーキをしっかりと焼きしめた後、およそ1日かけてさらに乾燥させます。

その生地の上に、練乳ソースといっしょにアーモンドを塗り込んでいます。

完成まで3日かかるそうです。

 

 

アーモンドの散り具合からあじさいと名付けられたそうです。

 

生地はけっこうかためで、しっかりとした歯ごたえです。

ザクっとしていて、練乳の甘さが広がります。

美味しいです。

 

 

45周年を記念し、特別なデザインをあしらった「缶入りのあじさい」が再登場します。

オンラインショップは、6月下旬頃より特別なセットにて販売を予定しているそうです。

 

 

株式会社 鎌倉紅谷 (beniya-ajisai.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA