スナック菓子、お菓子

ちょろけん×芋けんぴがコラボ!ちょろけんぴ 一創堂




 
一創堂のちょろけんぴを紹介します。

 

ちょろけんとは、江戸時代後期から明治にかけ京阪地方に存在した門付芸(かどづけげい)です。

大阪弁の「ちょける(おどける・ふざけるの意)」の語源ともいわれています。

ちょろけんは、江戸時代の街中を「ちょろが参じました ちょろを見る人福徳来たる 厄難厄病皆取り払う」と囃(はや)しながら歩きました。

 

江戸時代、日本中の名産品が浪花に集まり、土佐からも沢山の品々が海を渡り運ばれ、「土佐堀」で荷揚げされました。

土佐堀は今も地名として残り、土佐藩の蔵屋敷にあった神社は「土佐稲荷神社」として現存し、浪花と土佐の結びつきを今に伝えています。

この歴史の結びつきから、浪花の「ちょろけん」と土佐の「芋けんぴ」がコラボレーションしました。

 

 

 

 

ちょろけん×芋けんぴがコラボ!ちょろけんぴ

 

ちょろけんぴは、大阪土佐堀の土佐稲荷神社奉納菓子です。

 

 

なにわちょろけんにひとめぼれしました!

シャッポをかぶり、大きな寸胴に描かれた顔はペロッと舌を出した姿は、なんとも可愛いです。

 

 

缶の側面の部分も可愛いです。

 

 

 

袋に入った芋けんぴが入っています。

 

 

 

300g入っています。

 

 

 

ちょっぴり塩味です。

塩味が芋けんぴの甘さを引き立たせます。

美味しいです。

 

 

 

お裾分けできるように、小袋とシールが各5枚ずつ缶の中に入っていました。

 

 

 

株式会社 一創堂 (issoudo.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA