羊羹

キラキラして美しい☆天の川をイメージした羊羹 京菓匠 七條甘春堂




7月7日は、七夕です。

織姫さまと彦星さまが天の川を渡って、1年に1度だけ会える日とされています。

短冊に願い事を書いて、笹竹に飾り付けをします。

 

そんな七夕の天の川をイメージした、京菓匠 七條甘春堂の京羊羹「天の川」を紹介します。

 

 

京羊羹 天の川

 

短冊のようなパッケージです。

 

 

中には、袋に入った1本の羊羹が入っています。

長さは約12cmぐらいです。

 

 

 

夜空を映した濃い青の琥珀羹に銀箔の星を散りばめ、揺らめく星屑をイメージした七夕の世界を表現しています。

青い夜空に銀箔がキラキラしていて、とてもきれいです。

 

 

 

 

青色の部分は、琥珀羹です。

煮て溶かした寒天に砂糖や水飴などの甘味を加え、固めたものです。

 

真ん中の白い部分は、味甚羹(みじんかん)です。

錦玉液にみじん粉(餅米を蒸して乾燥させ挽いて煎ったもの)を加えて固めたものです。

 

下の部分は、小倉羹です。

3層になっています。

 

 

 

甘さが控えめて、あっさりしています。

 

 

京羊羹「天の川」は、期間限定・数量限定商品です。

 

 

 

京都の和菓子通販:京菓匠 七條甘春堂 オンラインショップ (shop-pro.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA