羊羹

うさぎがお月見している姿が可愛い!観月うさぎ 菓匠 清閑院




 

 

菓匠 清閑院の観月うさぎを紹介します。

 

お月見の風習は、中国の唐時代の観月宴「中秋節」に由来し、日本には平安時代に伝わったとされています。

十五夜とは、旧暦の8月15日の夜のことです。

 

 

観月うさぎは、うさぎがお月見をしている姿を羊羹にあらわしていて、とても可愛いです。

 

 

 

 

観月うさぎ

 

紫色の包装紙に包まれています。

 

 

 

包装紙を外すと、白い箱に入っています。

 

 

 

4個入りです。

 

 

東雲羹(しののめかん)で、満月とうさぎの姿をあらわしています。

 

 

 

うさぎがお月見をしていて、とても可愛いです。

黒糖風味の羊羹です。

あっさりしています。

 

観月うさぎは、期間限定販売です。

 

 

 

菓匠 清閑院 -季節の餡を和菓子に- (seikanin.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA