最中

たろうの小さな福梅 茶菓工房たろう




 

茶菓工房たろうの「たろうの小さな福梅」を紹介します。

茶菓工房たろうは、2005年に創業した金沢の和菓子屋さんです。

 

福梅は梅の形をした最中に餡がサンドされています。

前田家の家紋である「剣梅鉢(けんうめばち)」の形を模した最中で、金沢を代表するお正月のお菓子です。

季節限定商品です。

 

 

 

たろうの小さな福梅

 

パッケージはシンプルなデザインです。

 

 

 

5個入りです。

 

 

一口サイズの小さな最中です。

小さくてとっても可愛いです。

福梅の種類は3種類あります。

 

 

 

キャラメル餡

 

 

キャラメル餡です。

キャラメル感がすごいです。

とても美味しいです。

 

 

 

苺ミルク餡

 

 

苺ミルク餡です。

苺ミルクの味がしっかりしています。

苺のつぶつぶ感もあって、とても美味しいです。

 

 

 

ホワイトチョコ餡

 

 

ホワイトチョコ餡です。

ホワイトチョコの味がします。

美味しいです。

 

たろうの小さな福梅は、季節限定商品です。

 

 

茶菓工房たろう:チョコレートの羊羹:金沢の和菓子 (sakakobo-taro.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA