5月5日の菖蒲の節句に菖蒲餅 宗家 源吉兆庵





 

5月5日は端午の節句こどもの日です。

菖蒲の節句とも呼ばれています。

菖蒲には古来から健康を保ち、邪気を祓(はら)う力があると信じられていました。

菖蒲の持つ強い香りが邪気を祓うとされていたため、邪気払いに菖蒲が使用されていたそうです。

 

宗家 源吉兆庵の菖蒲餅を紹介します。

菖蒲餅は包装が、菖蒲のお花に見立てていてとても華やかです。

菖蒲餅は、3月下旬から5月上旬までの期間限定販売です。

 

 

菖蒲餅

 

箱には鯉のぼりと菖蒲の葉が描かれています。

 

 

3個入りです。

包装が菖蒲のお花が咲いたみたいで、とても華やかです。

 

 

 

 

 

中には、菖蒲餅が2個入ってました。

きざんだくるみが入った、みたらし仕立ての求肥菓子です。

 

 

うぐいす粉ときな粉がまぶしてあります。

 

 

お餅の中には、きざんだくるみゴロゴロ入っていました。

 

 

菖蒲餅は、3月下旬から5月上旬までの期間限定販売です。

 

 

宗家 源 吉兆庵 公式オンラインショップ|和菓子のお取り寄せ・通販サイト (kitchoan.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA