まんじゅう

9月9日は重陽の節句!菊の形をした和菓子 本家 菊屋の菊之寿




 

9月9日は、重陽(ちょうよう)の節句と呼ばれ、日本の五節句の1つです。

 

重陽の節句は、菊の花を観賞したり、菊の花を漬け込んだ酒を飲んで、無病息災や不老長寿を祈願します。

旧暦の9月9日は、現在の10月中旬ごろに当たり、菊の花が見頃を迎える時期です。

中国では、菊は邪気を払う力を持っているとされており、それが日本にも語り継がれ、重陽の節句では菊の花を楽しむ行事となっています。

 

菊のお花の形をしたおまんじゅう、本家 菊屋の菊之寿(きくのことぶき)を紹介します。

 

 

 

菊之寿

 

包装紙は菊の花のデザインです。

 

 

ビニールに包まれています。

 

 

箱は、お洒落なデザインです。

 

 

5個入りです。

 

 

個包装になっています。

 

 

菊のお花の形をした、可愛いおまんじゅうです。

生地には、練乳が入っていて優しい甘みがあります。

 

 

餡は、白小豆と福白金時豆をブレンドした贅沢な白餡です。

ふんわりと仕上げるため、専用オーブンでじっくり丁寧に焼き上げています。

 

 

生地はしっとりしています。

餡はちょうどよい甘さで、美味しいです。

 

 

 

本家菊屋|奈良県で400年以上続く老舗御菓子司 (kikuya.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA