まんじゅう

黒くて丸くてツヤツヤで可愛い!烏羽玉 亀屋良長





亀屋良長の烏羽玉(うばたま)を紹介します。

烏羽玉は、黒くて丸くてツヤツヤしていて可愛いです。

檜扇(ヒオウギ)の実を思わせる漆黒のお菓子です。

 

烏羽玉は、1803年の創業より作り続けられている和菓子です。

 

 

烏羽玉

 

烏羽玉は、亀屋良長の登録商標です。

 

 

6個入りです。

 

 

 

 

黒くて丸くてツヤツヤしています。

ちいさくて可愛いです。

 

 

香り、酸味、甘みと最もバランスのよい波照間島産の黒糖をつかったこし餡に、寒天とけしの実をかけたものです。

 

 

 

 

お箸でお皿にのせました。

烏羽玉はやわらかくて、お箸のあとがつきました。

 

 

まわりは寒天でコーティングされています。

食べてみると、黒糖とあんこの味がします。

黒糖の甘みが引き立って、とても美味しいです。

 

 

 

檜扇(ヒオウギ)とは

ヒオウギは、山野の草地や海岸に自生する多年草です。

葉は長く扇状に広がり、宮廷人が持つ檜扇に似ていることから命名されたとされています。

花は8月ごろ咲き、直径5~6㎝程度です。

花被弁はオレンジ色で赤い斑点があり放射状に開きます。

種子は4㎜程度で黒く艶があります。

 

 

 

烏羽玉の名前の由来

お茶花の檜扇(ヒオウギ)は、夏に花を開いた後、袋状の実を結びその中には漆黒の種子が入っています。

濡れて光り、見る者を魅了するこの実を「ぬばたま」呼びます。

「黒い」のもっとも古い言葉を「ぬば」、漆黒に濡れた檜扇の実を「ぬばたま」と呼び、万葉の古歌にも歌われた風雅な実です。

烏羽玉は、これが転訛して名付けられました。

 

 

亀屋良長は、1803年(享和3年)京都・四条醒ヶ井(さめがい)に創業しました。
お水にもこだわり、良質な水を求めてこの地を選んだそうです。

京都の地下水(醒ヶ井水)を使って和菓子を作っています。

 

亀屋良長 https://kameya-yosihinaga.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA