まんじゅう

薩摩芋のような見た目!?いも風味 わかさや本舗




わかさや本舗のいも風味を紹介します。

 

わかさや本舗は、大正8年創業の老舗店です。

いも風味は、代表菓子です。

明治の末期北海道では、収穫出来ない薩摩芋をイメージし、地元北海道の原材料を使用し薩摩芋に似せたお菓子です。

独自製法で練り上げ、現在にもその製法が継承されています。

 

 

 

いも風味

 

5個入りです。

 

 

袋から出すと、プラスチックケースに入っていました。

 

 

 

薩摩芋のような見た目です。

 

大福豆とビート糖を使用しています。

醤油と卵を混ぜ周りに塗る事で、皮を表現しています。

白餡に昆布を錦糸状に加工し練り込む事で、薩摩芋を割った時の繊維質を表現しています。

 

 

 

皮はうすめです。

カットしてみると、中に錦糸状の昆布が入っていて昆布の風味がします。

白餡の中に昆布が入っているのは、珍しいと思います。

 

白餡がとても美味しかったです。

 

 

 

わかさや本舗 (wakasayahonpo.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA