まんじゅう

しっとりツヤツヤ!刻んた栗が入った栗饅頭 御菓子司 湖月堂




 

御菓子司 湖月堂の栗饅頭を紹介します。

 

明治28年(1895年)北九州市小倉に創業の老舗の和菓子店です。

創業当時、正月の祝儀にも使われる縁起の良い勝栗を用い「栗饅頭」と名付けて発売しました。

勝栗とは、干した栗を臼で突いて、殻と渋皮を取り除いたものです。

搗(か)ち栗のかちが勝ちと同音であることから、出陣、祝勝に用いられました。

 

栗は、現在はむき栗を蜜漬けしたものを使用してます。

栗饅頭は、創業以来守り続けている、色、食感を大切にする独自の製法で作られています。

 

 

 

栗饅頭

 

 

 

5個入りです。

 

 

 

 

 

小判のかたちで、表面を艶やかな栗色に焼き上げてます。

ツヤツヤしています。

 

 

 

生地は厚みがあり、やさしい味がします。

 

 

中の餡は、白のこしあんでしっとりやわらかいです。

その中に刻んだ栗が中央に入っています。

餡は甘めでした。

 

 

 

御菓子司 湖月堂 - おぼえていますか 栗の味 湖月堂の栗饅頭 (kogetsudo.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA