干菓子

小さくて可愛い月見団子!?古都の名月 塩芳軒




 

塩芳軒の「古都の名月」を紹介します。

 

お月見の団子は、これからの収穫を祈り、米の団子をお供えたのが由来だとされています。

 

お月見という中秋の名月ですが、古来より日本では十三夜の月も大変美しいとされてきました。

十五夜は、中国の行事が日本に伝わったものですが、十三夜の月見は日本独特の風習です。

十五夜を見たら、その後の十三夜の月も見たほうがいいと言われています。

 

 

 

 

古都の名月

 

 

サイズ 縦6cm×横6cm×高さ6cmです。

 

 

 

箱を開けると、小さなお月見団子のセットになっています。

※組み立て後は、高さ9.5cmになります。

 

 

 

丸い純和三盆製の干菓子です。

干菓子とは、水分の少ない乾燥した和菓子のことです。

 

15粒入っています。

 

 

 

まんまるで可愛いです。

干菓子は、やさしい甘さです。

 

 

 

ふたをひっくり返して、紙をひきました。

 

 

箱の大きさがぴったりで、きれいに並べることができました。

 

 

干菓子は、14粒でぴったり並びます。

1粒あまりました。

 

 

 

小さくて可愛い干菓子の月見団子ができました。

 

 

 

【塩芳軒】ONLINESTORE (kyogashi.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA